2014.12.08つながる・つなげる引越 第3弾
「ホームハンズ × オレンジスリフティー」

→バックナンバー「つながる・つなげる引越し」 第一弾:Save the Children Japan
→バックナンバー「つながる・つなげる引越し」 第二弾:秋田魁新報社

ホームハンズの制服が・・・!

私ども『株式会社ホームハンズ・マツモト』ではここ数年、ポロシャツが制服でした。(右写真)
ですが、制服を一部リニューアルする事になり、ついにこのポロシャツともお別れする事に・・・。
ただ単に処分するだけではなく、何かの形で誰かのために役立てることは出来ないかな・・・と、私たちは日々模索をしていました。
『オレンジスリフティー』の杉野様との出会はそんな時です。 きっかけは普段からお付き合いのある『セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(以後、SCJ)』様のSCJ2013年度事業報告会でした。


とその前に、SCJ様とホームハンズ・マツモトの関係を説明させて頂きます。
SCJ様とのお付き合いは2010年から。
遡ること4年前、ホームハンズ・マツモトでは会社が成長していくにつれ、『会社として、少しでも社会貢献できる活動に取り組みたい』という意識が従業員の間で高まっておりました。
どのような形で貢献していくのか、スタッフで検討を重ねた結果SCJ様の募金活動への参加を決めました。
決め手は『困難な状況に生きる世界の子どもたちを支援する』という活動内容、常に子どもたちの幸せを願い、サポートしていくという姿勢に賛同し、共感したからです。
そして募金活動をきっかけに、SCJ様の事業報告会に参加、またニュースレターSCJ#60企業紹介に掲載頂いたり、SCJ様の事務所移転を私どもでして頂いたり、、、と交流も深まりました。スタッフの方々と実際にお会いする機会が増え、親しくさせて頂いていく中で、その思想や理念に直接ふれることが出来たのは大変意義のあることでした。

さて、本題です。
SCJ様のSCJ2013年度事業報告会でお会いしたオレンジスリフティー様は、神戸市灘区に店舗を構え、使用可能な洋服などを寄付して頂く事により、SCJ様の活動の支援が出来る「古着チャリティー」活動をされています。

「このポロシャツをその活動に役立たせて下さい!」と杉野様にお願いしたところ、
「もちろんです」と快く引き受けて下さいました。

実際には制服は(ネーム入りで)販売出来ない為、「海外輸出業者やウェス加工業者に渡して、再利用もしくは焼却処分」となります。
ですが、オレンジスリフティー様はこの制服を古着チャリティーとして取扱って下さり、結果的に何十キロもある制服を20円/㎏で寄付をすることが出来ました。
オレンジスリフティー様では2004年1月~2014年10月末までに、なんと総額10,103,748円(20円/㎏で換算)ものチャリティー金額が集まったそうです。
今回、ホームハンズ・マツモトがその活動に参加でき、こんなに嬉しいことはありません。
清々しい気持ちでいっぱいです。
また、この寄付金を困難な状況に生きる世界の子どもたちの為に役立てる活動をされているSCJ様。
ホームハンズ・マツモトではまだまだ大きなことは出来ないかもしれませんが、SCJ様の支援活動の一端を担っていけるという社会的責任の意義をこれからも大切にしていきたいと思います。

今回の活動にご協力頂いたすべての方々に感謝いたします。 ありがとうございました。

追伸
新しい制服をご紹介いたします。

表

▲ 表

裏

▲ 裏


男を感じさせる黒!を基調とした仕上がりです。
新しい制服も、可愛がって頂けると幸いです。
宜しくお願いします!

■ 過去のつながる・つなげる引越しはこちらから

つながる・つなげる引越し ホームハンズマツモトxセーブ・ザ・チルドレン・ジャパン  つながる・つなげる引越し ホームハンズマツモトx秋田魁新報社